【意外と知らない?】ブランディングとマーケティングの違い

マーケティング
Calendar Planner Organization Management Remind Concept
ちゃり
ちゃり

こんにちは、Chari(ちゃり)です!ここではビジネスで成功するための知識や考え方をアウトプットしています。

私は「経済的・時間的にもっと自由な人生を送る」ことを目標に、現在会社員をしながら、ビジネススキルやWEBマーケティングについて勉強しています。

今回はMUPカレッジ WEEK8のアウトプットとして、「意外と知らない?ブランディングとマーケティングの違い」というテーマで書きます。

マーケティングや経営に携わる方は特に、「ブランディング」という言葉をよく耳にすると思います。

しかし、「ブランディングとは何か」と聞かれてすぐに答えられない人も多いのではないかと思います。

この記事を読むことで、ブランディングとは何かが理解でき、ブランディングにおいて必要なことがわかるようになります。

以下に当てはまる方は、ぜひ最後までお読みください。

  1. 「ブランディング」とは何かイマイチ説明できない
  2. ブランディングとマーケティングの違いがわからない
  3. ブランディングで何をしたらよいかわからない
  4. 自社のブランディングを強化したい

それでは本題に入りましょう!

ブランディングとは

Brand Branding Copyright Label Logo Profile Sign Concept

商品を売りたいのなら、商品を売るな

ブランディングの考え方を一言で言うと、

「商品を売りたいのなら、商品を売るな」ということです。

何言ってんだ?と言われそうですが、基本的にブランディングがないと、どんなに良い機能を持つ商品でも売れません。

1カット5万円の美容室

例えば、美容室。

美容室では一回のカットで5万円するところもあれば、たった1000円でカットできるところもあります。この4万9000円の差は何でしょうか?

ある美容師さんで1カット5万円以上する方がいらっしゃるのですが、その金額にした理由についてその方はこのように語っています。

「カット料金がいくらかは大した問題ではない。もはやメニューに価値はないのです。」「この金額でもなぜお客様は来てくれるのか?それは僕という人間を気に入ってくれたから。面白いヤツだと思ってもらえたから。これに尽きます。」

こちらが商品を売らずともお客様から来てくれる、これがブランディングの本質なのです。

では、具体的にブランディングについて説明していきます。

ブランディングとマーケティングの違い

マーケティングやブランディングはよく「恋愛」に例えられるのですが、それぞれの違いを恋愛に例えると、以下のようになります。

  1. マーケティング:「あなたが好きです」と特定の人に好きと伝える
  2. 広告・宣伝  :不特定多数の人に好きと伝える
  3. PR・広報   :第三者がその人に「あなたのことが好きみたいよ」と伝える
  4. ブランディング:相手から好きと言われる(相手から選ばれる

簡単にそれぞれの例としては、「①マーケティング」は市場を読み、商品やサービスを必要な人に提供する活動全般を指し、「②広告・宣伝」はお金を払いマスメディアへの広告出稿や販促イベントを行うこと、「③PR・広報」はメディアや報道関係者へプレスリリースを出すことなどが挙げられます。(※本題ではないため、詳細はここでは記載しません)

そして「④ブランディング」とは、字の如く「ブランド」を形作る活動全般を指します。簡単に言うと、マーケティングが”どう伝えるか”を考え実行する活動なのに対して、ブランディングは”どう思ってもらえるか”を考え施策を進める活動です。

先ほどの例のように、こちらから「ぜひ来てください!」と言うのではなく、お客様の方から「行きたい!会いたい!」と思ってもらえるような状態ですね。

極論を言うと、このブランディングさえ強化できれば、マーケティングも広告も必要ありません。なぜならこちらが何かしなくても、相手から必要として来てくれるからです。

多くの企業はマーケティングや広告に多額の予算を割いていますが、実はブランディングこそ一番重要な部分なのです。

4種類のブランディング

ブランディングは大きく4種類に分けることができます。

  1. コーポレート・ブランディング :企業全体のイメージ・価値向上
  2. プロダクト・ブランディング:商品のイメージ・価値向上
  3. マーケティング・ブランディング:どう価値を広めていくか
  4. セールス・ブランディング:商品をどう売っていくか

一言でブランディングと言っても、会社に関するブランディング、商品に関するもの、広め方に関するもの、売り方に関するものと細分化することができます。

この一つ一つについて解説する前に、なぜこのブランディングが重要なのか、視点を変えて説明していきます。

なぜブランディングが重要なのか

結論として、長く利益を出し続けている企業は、ブランディングが上手いです。

一方で、ブランディングができていない企業は長く続きません。なぜなら、ブランディングができていないと自社商品と他社商品とで差別化ができず、価格競争に巻き込まれてしまうからです。

え?なんでブランディングができてないと価格競争に巻き込まれるの?

負のスパイラル

結論、ブランディングがないと負のスパイラルにはまり事業はうまくいきません。

まずブランディングがないと、自社商品と他社商品との違いが伝わりません。同じ商品であれば、顧客は当たり前に安い方を求めるので、企業は少しでも多く売るために価格を安くします。すると他社も同じように価格を下げるので、価格競争が起こります。

利益ギリギリまで価格が下がると、次はサービス競争が起こります。価格が下げられないので、どう付加価値をつけるかを考えるのです。

するとコストがかさむため、さらに利益率が低下します。そうなると利益率を少しでも上げるために、コスト削減をする必要があります。それが広告・PRのコスト削減に繋がります。

PRが弱まると認知度が下がるため、シェアの低下に繋がります。そうなるともっと売る必要があるため、さらに価格を下げ・・・と負のスパイラルにはまっていくのです。

なるほど。差別化や独自性がないと価格競争になり負のスパイラルにはまりやすいのですね。その差別化のポイントが「ブランディング」ということですね!

ブランド価値を高めるための施策とは

Strategy and plan for businesses

それでは、具体的にどのようにブランディングすればよいのでしょうか。先ほどの4種類のブランディングについて、1つずつ見ていきましょう。

コーポレート・ブランディング

企業全体のイメージ・価値向上

例. HP、ロゴ、パンフレット、資本金、代表者、提携先など

ここのポイントは、競合を作らないことです。

競合を増やしてしまうと、先ほどの負のスパイラルと同じで、価格競争に巻き込まれてしまうからです。

そのため大切なのは、「○○だが○○ではない」と明確に断言することです。

例えば、Googleの会社について、皆さんはどんなイメージをお持ちですか?

検索エンジンやGoogleMap、アプリ開発などテックカンパニーのイメージが強いですが、実は収益の90%は広告収入なので、実態は広告会社の要素が強いです。

ですが、Googleも自らを広告会社とは言いません。テックカンパニーだと明言しています。なぜなら、広告会社と打ち出した場合、ライバルが広告会社となり自ら競合の多い中に飛び込むことになるため、シェア低下の恐れがあるからです。

Googleは「広告会社だが、広告会社ではない」ということですね。

また、他の例ですと、「美容室だけど美容室でない」と断言し、「ヘッドスパ専門店」「ショートカット特化型」などとブランディングするのは効果的です。

プロダクト・ブランディング

商品のイメージ・価値向上

例. 価格、材料、パッケージ、雰囲気、デザイン、認可、効果など

プロダクト・ブランディングとは、付加価値を伝えたり、体験してもらうことです。

例えば、牛丼を食べる場合、相場は400〜500円程です。しかし、ある料亭では牛丼を5000円程で出しているお店もあります。この価格差は約10倍開いていますが、違いは何なのでしょうか?

もちろんお店の雰囲気や牛肉の素材・ランクには大きな違いがあるのですが、それだけではありません。その料亭では提供するときに牛丼の説明を行ったり、お客様の目の前で牛肉をご飯に盛り付けたりするそうです。

このようにプロダクト・ブランディングの上手いお店は、雰囲気や素材だけでなく、「付加価値」や「体験」を重視しています。

ここで付加価値について説明するのですが、実は付加価値には3種類あります。

  1. 空間(お店の雰囲気)
  2. 商品(商品のこだわり)
  3. サービス(エンターテインメント)

この中で、①空間と②商品はコストがかかります。

先の例でも、もし店内の内装や証明などを変える場合はかなり費用がかかってしまいます。またお肉をより質の高いランクに変えたり、お米にこだわったりする場合は原価が上がってしまいますよね。

一方で③サービスについては、アイデア次第では無料でかつ効果の高い施策を打つことができます。

先の例ですと、提供するときに料理の説明をしたり、目の前で美味しそうなお肉を盛り付けてくれたりするのは、なかなか他のお店ではやっていない分、特別感を味わえる体験になりますよね。

このように、相場以上の値段をつけるためには、商品の質や機能を上げるだけでは上手く行きません。サービス付加価値をつけることがブランディングに繋がり、相場以上の価値がつくのです。

マーケティング・ブランディング

どう価値を広めていくか

例. チャネル、ターゲット、メディア、口コミ、SNS、キャッチコピーなど

マーケティング・ブランディングとは、マーケティング活動におけるブランディング戦略です。つまり、商品やサービスをどのチャネルで出すか、どこにターゲット選定するかがブランディングに関わってきます。

例えば、GUCCI(グッチ)は誰もが知るファッションブランドですが、GUCCIが店頭でチラシ配りをする姿は見たことがありませんよね。

GUCCIのマーケティング・ブランディングとしては、出店地として日本だと銀座や青山などの一等地にお店を構え、テレビCMは行わず、宣伝媒体は雑誌をメインとしています。

大事なのは、事業が上手くいっているから一等地に出店したりテレビCMを使わなかったりするのではなく、マーケティング戦略として立地選定、媒体選定にこだわっているからこそ、このような誰もが知るブランドになっていったのです。

セールス・ブランディング

商品をどう売っていくか

例. 販売方法、提携先選定、顧客選定、資料など

セールス・ブランディングとは、商品の売り方に関するブランディング戦略です。

ここで最も重要なことは、商品自体の宣伝・PRをしないことです。つまり、商品・サービス以外の付加価値をPRすることが重要なのです。

え、なんで商品のPRをしちゃいけないの?

例えば、楽器などを販売するYAMAHA(ヤマハ)という会社は多くの方が知っている会社です。YAMAHAは楽器の販売がメインなので、ピアノなどの楽器を売りたいと考えているのですが、商品が高価なので簡単には売れません。

そこで実施したのが「ピアノ教室」です。ピアノ教室を開き、そこでYAMAHAのピアノに触れる体験をさせるという戦略をとりました。ピアノを習うとう体験を通じて、「私もこのピアノが欲しい」「家にもピアノを置きたい」などの需要を喚起し、ピアノの購入に繋げているのです。

つまり、最終的には相手から「この商品が欲しい」と言わせる状態を作っているのです。これがこの記事の最初にお伝えした「ブランディング」なのです。

相手から好きと言われることがブランディングでしたね!

商品を売りたいのであれば、その前の販売方法からブランディングしていくことが重要となります。

まとめ

ブランディングとマーケティングの違いを簡潔に表現すると、

  1. マーケティング:「あなたが好きです」と特定の人に伝えること
  2. ブランディング:相手から好きと言われること

という違いがありましたね。このように相手から好きと言ってもらうために、

  1. コーポレート・ブランディング:Googleの例「○○だが○○でない」を明言する
  2. プロダクト・ブランディング:高級牛丼の例「サービス付加価値」が重要
  3. マーケティング・ブランディング:GUCCIの例「価値の広め方」にこだわる
  4. セールス・ブランディング:YAMAHAの例「商品を売るな、まず体験させる」

の4種類のブランディングについてお伝えしてきました。

人口減少が進み、市場が飽和状態の日本において、ブランディングがないことは致命的です。長期的に利益を出し続けられるように、会社だけでなく個人としてもブランド価値を高め、商品を売り込まずとも相手から欲しいと言われるような状態を作っていきましょう。

最後までお読みいただきありがとうございました!

もっとビジネスについて学びたい!という方は、インスタもやっておりますので、質問などあれば気軽にDMくださいね。

下の「Chariをフォローする」よりインスタに飛べます!

Chari(ちゃり)

コメント

タイトルとURLをコピーしました